2018トルコ-アームレスリング世界大会-会場レポート



いよいよ日本時間金曜・土曜に、アームレスリング日本代表、山本選手の試合が行われます。

42歳、おっさんの世界挑戦です。

出る前に負ける事考えるバカいるかよ


山梨資格学院は、世界一を取ることを信じて応援しています!



世界チャンプアームレスラー「ごうけつ」さんYoutubeに登場しました。
ムキムキムキーというのは、ごうけつさんのオープニングシーンの真似です。
ごうけつさんも、すごい経歴です。

山梨資格学院は、世界で頑張るおっさん達を応援しています!


※youtubeでアームレスリング世界大会ライブ中継が見れるようです。

レフトハンドシニア⇒19日金曜15:30以降
ライトハンドシニア⇒20日土曜15:30以降
出場順などの日程は不明です。

テーブル2です!

【世界の山本語る】アームレスリング世界大会出場記念


2018年アームレスリング世界大会に向けて山本選手が語ります。
山梨資格学院は、世界で頑張るおっさんと、その周囲の方全員を応援しています。


2018年アームレスリング世界大会に向けて山本選手が語ります。そのⅡ
山本選手は、すでにトルコへ向けて出発しました。
山梨資格学院は、世界で闘う山本選手を応援しています。

ワタナベさん

ある日

「先生、当たりましたよ。」
「ああ、縁起いいですね!」
20180917 (6).jpg

あたり
20180917 (7).jpg
一瞬、オッサン暇かよ!と思ってしまったが、わざわざこんなのをつくって、ささやかに笑わせてくれる。
これこそ大当たりである。

ある日
「僕ね、指パンチ得意なんですよ。すごいいい音出せますよ。子供ものころからやってます。」
「やりすぎて、皮剥けたことあるんですよ。」

20180917 (1).jpg

パコーン
確かに、高い良い音がした。

本日
「模擬試験の成績悪くて、ショックであたまが真っ白になってしまいました。」
20180917 (5).jpg
わざわざそのためにパウダーを塗ったらしい。
ネタのためには面倒を辞さない。
打算計算のみで生きているつまらぬ者には出来ぬ行為である。

世界の山本バッチは大事にしてくれている。
通常時
20180917 (2).jpg


開封時
20180917 (3).jpg
「開いたら山本さんが正面になるようにしてます。」
「僕もね、山本さんのように人生全力で生きています。いつ死んでもいいように。」

ワタナベさんは私より年上の兄さんである。
学校側の判断で、修学旅行すら行かせてもらえなかった○○少年だったようだが、いまは家庭を抱え、お仕事も立派にされている。苦労して悩んだ人だけが持てる優しさと包容力をお持ちである。今秋宅建士を受験。

最近はUSAダンス(たぶん↓これのことかな?)を練習しているらしい。



今年宅建士に落ちたら、ダンスを撮影してYOUTUBEにアップしてもらうよう、交渉してみようとおもう。こういうの頼まれたら断れない人、何人か知っている。ワタナベさんはきっと断らないと思う。もっとも、それよりは今年合格して欲しいと思うが。

32年間筋トレを続ける



世界の山本さんは32年間、一日も休まず筋トレしつづけています。
そのエネルギーの源はどこからくるのか?
結論から言うと、「継続」と「志」です。
皆様が勉強を続けられるヒントになればと思います。

沈黙を破る

身寄りのない児童保護施設を解体する。
見晴らしをよくするために、ブルドーザーでオリーブ畑を破壊する。
無作為に選らんだ家に入り、子供の前で片っ端から父親を逮捕する。
パレスチナの他人の家に押し入り、わが物顔でくつろぐ。

パレスチナで占領政策に携わるイスラエル元兵士の葛藤を描いたドキュメンタリーである。
占領を続けながら、徐々に人格が破壊されていくことを語る。http://www.cine.co.jp/chinmoku/story.html

https://youtu.be/gSO32e6xiTA(YOUTUBE)

イスラエルから言わせると、ユダヤ人が世界から迫害されないために、イスラエル国家の存続が必要である。パレスチナ人の一部はテロリストである。世界中から非難されようが、国家存亡のためにやるしかないというスタンスである。

パレスチナからすると、庇を貸して母屋を乗っ取ったユダヤ人は侵略者である。


20180906.png

紀元前11世紀に生まれたイスラエル王国は、南王国と北王国に分断した。
北王国は紀元前722年にアッシリアに滅ぼされ、南王国は前586年、新バビロニアによって滅ぼされた。イスラエルの残留民は強制的に移住させられた。
その地でキリスト教が生まれる。
636年にはイスラム帝国が占拠し、イスラム教徒が増えていく。
結局、イスラエルの首都(国連では認められていないが)エルサレムは、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の聖地となった。

16世紀にはオスマン帝国が支配。パレスチナとして約400年支配された。

世界中に散らばったユダヤ人は、迫害を受ける。
ユダヤ人は自分たちの国家をもとうという、シオニズム運動を進める。

1918年、オスマン帝国は降伏し、この地はイギリス委任統治領パレスチナとなった。
第一次世界大戦後、イギリスはパレスチナにおけるユダヤ人居住の支援を約束した(バルフォア宣言)。

ユダヤ人は1948年、イスラエル独立宣言を行った。
そこからイスラエルによる、パレスチナ占領政策が始まった。

家族や仲間を殺された憎しみはお互いに限界を超えている。
少なくとも何世代か変わるまで、憎しみが消えない地域である。


「自分の家族に置き換えて考えたよ。無作為に家に乗り込んで捕まえたんだ。捕まえたパレスチナ人は、子供にとって、教育熱心で優しい父親かもしれない。」元イスラエル兵士

民族の争いが起きている間は、社会全体で思考が停止し、悪い方向へ偏りやすい。その方向から外れた発言をする者は攻撃される。故に、こういう発言をするのには勇気がいる。
しかし、解決への糸口はこういう行為から生まれるのではないかと思う。

タオルを買って、山本選手を応援しよう。

2018090401.png
世界の山本ハンドタオル
「我が人生全力に悔いなし」

このタオルをもつと、山本選手のように全力で頑張れるようになれます。
おっさんでも頑張れます。
日本一になれます。
世界に挑戦できるようになります。

私も日本一の講師を目指してがんばります。

販売価額 2,000円
利益は全額山本選手の遠征費として寄付します。

_0626.jpg

山梨資格学院は、山本選手の世界挑戦を応援いたしております。

世界の山本 トルコ大会壮行会

山本選手は、どんなにいそがしくても、どんなに体調が悪くてもトレーニングしています。座右の銘は「我が人生、全力に悔いなし。」
40代で現役日本チャンプです。
そんな世界の山本選手が、10月にアームレスリング世界大会に出場します。
そこで、壮行会を開催することになりました。

山本選手を応援したい方は、どなたでもご参加いただけます。
予約が必要になりますので、飛び入りは基本不可です。

2018年 9/25(火) 20:00~
場所 学校近辺 後日予約
主催 山梨資格学院
費用 2~3,000円(人数で割り勘)
当日、場所によっては送迎も可能ですのでお申し付けください(要事前連絡)。

2018090301.png

山梨資格学院は、山本選手の世界大会挑戦を応援しております。

世界の山本HP⇒コチラ

井上敬一

井上さんは大阪でホストクラブを経営。
起動に乗るも、国税OB税理士の指導で脱税。
脱税が発覚し、巨額の追徴課税となった。
脱税は自己破産しても免責されない。

井上さんはやり直すため、単身東京へ。
マイナスからのスタートは思うようにいかない。

井上敬一 転落1/4「ザ・ノンフィクション ホストの前に人間やろ!
https://youtu.be/mFFxtkfs5wc
youtube

色々な目標を、同時に達成しなければならない。答えがないから何が正しいかわからない。
次から次にやる事が出てくる。しかし、うまくいかない。
結果を出さなければならないのに、結果が出ない。
周囲は自分勝手なことを言う。人としては何も変わって無いのに、成功したらすべてが崇められ、落ちたら石がぶつけられる。
程度の差はあるが、事業を立ち上げた経営者のほとんどこんな状態だろう。

現在はこんなことをされているようである。
http://inouekeiichi.net/

僕は毎日を幸せに生きたい。そんな輝く大人を増やしたい。
その為に一度きりの人生を熱く本気で生きる!
井上敬一の全ての活動は、幸せになることに愚直な大人を増やすこと。
今の自分が、ガキの頃に成りたかった自分だと言える大人を増やすこと。
人生は出会いでしか変わらない。
幸せとは覚悟です。井上敬一

人様のことで恐縮ではあるが、波乱に満ちた、うらやましい人生を歩んでいらっしゃるのではないかと思う。

潜入 アフガン戦地のER

アフガニスタン奥地のホスト州にあるサレルノ基地で、アメリカ人医師たちが必死の治療にあたっている。
そこは銃撃戦で負傷した海兵隊員から、産気づいた地元の若い妊婦までを診る究極のERだ。
この診療所では4年間に数千人の命が救われた。しかし派遣されてくるのはベテランではなく、経験の浅い若い予備兵だ。
緊張感みなぎる緊急手術の様子やER技術の進歩を紹介。
カメラがとらえるのは診療所で働く人々の生死をかけた毎日だ。

AbemaTV(有料)
https://abema.tv/video/title/7-32

ERは救急室 emergency room

若い兵士達がアフガニスタンで爆破テロに巻き込まれた。生き残ってERに運び込まれた者も、両足を切断。だらっとした人間の足が、赤いゴミ袋に入れられる。

爆破テロに巻き込まれた兵士「振り返ってみると、一目でわかったよ。そつが死んだってね。でも、死んでいくって感じじゃなかった。ゲームオーバーって感じだ。死の恐怖を別にすると、最悪なのは臭いだ。腕全体に臭いが残っていたし、彼の血もべっとりついていた。臭いは特に強烈で取れなかったよ。でも、何時間も制服を着たままだった。」

「その瞬間、最悪の出来事だってわかった。隣にいた人間が吹き飛ばされたってね。彼は首や胸や顔に弾が当たって死んだんじゃない。吹き飛んだんだ。体が原形をとどめずに、散らばっていたよ。」

ERには敵側の負傷者も送り込まれてくる。
映像に登場した敵側の負傷者は助からなかったが、現地の習慣いに従い、ERスタッフが敵側兵士の埋葬準備をしていた。
ERの医師「治療方法で差別はない。」

そんな野戦病院にもロケット砲撃砲の警報が鳴り響く。

「最初から戦争などしなければいいのに」とは、誰もが願うことだが、現実には願っていても戦争は起きる。
なぜ戦争は起きるかというと、欲・アイディテイティ・異民族に対する恐れなどである。そして大衆の無知や思考停止がそれを後押しする。

ERの医師「助けられない時は落ち込むよ。この任務によってどれだけ国に貢献できているんだろう。この孤立した病院の中で働いていると、そういうことが全く分からない。この先もわからないかもしれない。でも、意義ある任務だと思いたい。」
中略
「肉体的にも、精神的にもかなり疲れたよ。この仕事はキツイから、少し休みたい。」

エリザベス

昔、世界経済は米国・EU・日本が中心だった。

1990年
2018082501.png

2017年
2018082502.png

2022年
2018082503.png

いずれ中国・インドが世界の中心になり、米国が3番手になる。その次はインドネシア、ブラジル、ロシア、メキシコ、そして日本と続くと予想されている。

日本のGDPの世界ランキングは下がるが、GDP自体は上がる。その時でも、日本には十分な市場規模があり、普通に努力していれば普通に生活するのには困らないだろう。

ただ、それではエリザベスとは知り合えない。
エリザベスはイギリス出身、貿易商を営む父親の関係で香港におり、複数の言語を使いこなす。ビジネスの知識のみならず、歴史・哲学・宗教などについても深い知識を有し、教養がある。このため、欲にまみれた資本主義の搾取者の道を進まず、ビジネスで富の公平な分配を実現しようとしている。
エリザベスはとても気持ちが綺麗で、男性のだれもが求婚したくなるような女性である。
エリザベスは一度結婚したが、夫のDVにより別れている。
エリザベスと私は、香港でのビジネスを通じて知り会う予定である。
エリザベスに再婚の意思はなかった。しかし私に出会ってその気持ちが変わったようである。
エリザベスからすると、私ははとても優しく理想の男性らしい。「この世界にこんな素敵な男性がいたですね。」と、めぐり合わせを神に感謝しているくらいである。
エリザベスはお金にこだわりが全くない。私の所得が低いのも全く気にならないようである。

今日はこのくらいでやめておこう。
Calendar
<< August 2022 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50