Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/1/hungry.jp-yboki/web/boki/class/View.php on line 25

Deprecated: Assigning the return value of new by reference is deprecated in /home/users/1/hungry.jp-yboki/web/boki/class/View.php on line 30

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/users/1/hungry.jp-yboki/web/boki/class/View.php:25) in /home/users/1/hungry.jp-yboki/web/boki/class/View.php on line 81
どうでもいいブログ-会計研修室の放課後::本当にしたい生き方

本当にしたい生き方

「勉強して出世して、年収を上げて・・・。」
10代後半~20代前半頃は、そういう生き方がかっこいいと思っていた。
しかしこれはただの「欲の塊」で、醜いだけであることに気付いた。

「起業して世の中を変える。」「書籍を出版して世の中に何かを残す。」
20代後半の頃から、こんな生き方がかっこいいと思っていた。
しかし、こういった考えの根底にあるのは「世間から評価されたい。」、「何か実績を残したい。」そういった自己顕示欲である。

一度しかない人生、「本当にこれでいいのだろうか」と疑問に思った。
「どうみられるか」より、「どうしたいか」で生きた方が楽しいのは間違いない。

「どんな人生を送りたいのか?」は人それぞれである。
他人の生き方で、「かっこいい」「ああなりたい」「あんな人生を送ってみたい」とおもったら、それが自分の理想の生き方だろう。

そう思った人を列挙してみる。

1.ある僧侶
筑紫哲也さんがやっていたころのNEWS23で、ある僧侶を取材していた。その僧侶はお金が原因で兄を亡くした。そのときから僧侶は「俺は一生貧乏で生きていく。」と決意し、檀家から戒名料も葬儀料もとらず、昼間は建築現場で日雇いのバイトをしていた。

2.映画カサブランカで、ハンフリー・ボガートが演じるリック
リックの惚れた女性(イルザ)は、ナチスと闘う夫から離れ、リックと共に生きていこうとした。しかし、リックはイルザをナチスと闘う夫の下に留める。リックはこういう。「イルザ、この狂った時代に、3人のちっぽけな問題なんか、これっぽっちの値打ちもない。いつか分かってもらえるだろう。泣くな。君の瞳に乾杯(Here’s looking at you, kid.)。」

3.吉田松陰
吉田松陰の言葉。
「僕は忠義をする積り。諸友は功行をなす積り。」
(僕は社会に対して真心で仕えるつもりである。諸君は(世間に評価されるため)功績を上げようとしているだけである。)

「成功するせぬは、もとより問うところではない。それによって世から謗されようと褒められようと、自分に関することではない。自分は志を持つ。志士の尊ぶところは何であろう。心を高く清らかにそびえさせて、自ら成すことではないか。」

他にもかっこいい人達はたくさんいる。究極はブッダやイエスキリストなのだろう。
自分もそうなりたいのだが、年収を上げたいし、高級車にも乗ってみたい。家庭を持ちたいとも思ってしまう。煩悩をすべて捨て去る事などてきそうもない。だから、そこまでたどり着く気が全くしない。

このままいくと「中途半端な、少し変なジジイ」で終わる気配が濃厚である。
Calendar
<< March 2023 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin